Let’s DIVE!

こんにちは。四柱推命鑑定士の水響です。

今回はとても好きな小説の一篇から引用します。

 

「渓流が流れて来て断崖の近くまで来ると、一度渦を巻き、さて、それから瀑布となって落下する。悟浄よ。お前は今その渦巻の一歩手前で、ためらっているのだな。一歩渦巻にまき込まれてしまえば、那落までは一息。その途中に思索や反省や低徊のひまはない。

 

臆病な悟浄よ。お前は渦巻きつつ落ちて行く者どもを恐れと憐れみとを以て眺めながら、自分も思い切って飛込もうか、どうしようかと躊躇しているのだな。遅かれ早かれ自分は谷底に落ちねばならぬとは十分に承知しているくせに。渦巻にまき込まれないからとて、決して幸福ではないことも承知しているくせに。

 

それでもまだお前は、傍観者の地位に恋々として離れられないのか。物凄い生の渦巻の中で喘いでいる連中が、案外、はたで見るほど不幸ではない(少くとも懐疑的な傍観者より何倍もしあわせだ)ということを、愚かな悟浄よ。お前は知らないのか」

中島敦悟浄出世』より

 

 

中島敦の『山月記』は有名ですね。私は高校の現代国語の教科書で読みました。

流麗な文章は音読しても美しいです。内容は自己愛をこじらせがちな現代人とシンクロしているところがあって、いつになってもこういう悩みはあるんだな~と考えさせられます。

 

引用した『悟浄出世』は、大人になってから読みました。会社を辞めるかどうか迷っていた時で、ちょうどその頃封切りになっていた映画『MADMAX~地獄のデスロード~』と共に大いに私の背中を押してくれました。

『MADMAX』の素晴らしさはまた後で記事にしたいと思いますけどとりあえず問答無用で見てくださいとしか言えない(笑)

 

断崖絶壁から飛び降りた者としての感想は…いや~渦巻の中は案外楽しいです!!本当に、断崖で傍観していた時より断然幸せですよ!

勇気を出して飛び降りちゃいましょう~♪